マニュアルを唯一運転できる僕に引っ越しトラック運転を友人から依頼された

先日、会社の仲の良い同僚からお願いがあると電話がきた。

『○○(私の名前)、あのさぁ今度俺引っ越しするんだけどお前、マニュアル車運転できるよな?』
『うん』
『お願いなんだけどさぁ今度引っ越しドライバーとして手伝ってくれないか、2tトラックがあれば一回で荷物を運べるんだよ、でもレンタカーで聞いたらトラックはマニュアル車だけなんだよね。だからマニュアル車運転できる奴が必要なんだよ。俺はAT限定なんで頼めるのお前しかいないんだよ、ねっ、頼むよ、報酬はずむからさ』

そう言われて頼りにされるのは嬉しいのだが、俺だってこれまでずっとAT車しか運転したことないし、MT車を運転していたのは教習所で乗って以来ないのだ。それに2tトラックなんて大きな車も運転したことないので車両の感覚がよく分からない。迷ったがお願いされて断るのも悪いし、それに報酬もはずむといっているのでいっちょやったるかとの思いで引き受けることにした。

そして引っ越し当日の朝、俺は引っ越しする同僚とレンタカーに出向いて、2t車を借りた。トラックは平積み式で天候が悪くなっても幌もついている。アルミ式だと後方が見えにくいのでこれは助かった。さっそくトラックに同僚と乗車した。

ブレーキとクラッチを同時に踏みこみながらエンジンをかけると勢いよくエンジンが回転する、とりあえずホッとしてゆっくり駐車場からトラックを出し公道を走らせた。

走行中、ギアのシフトチェンジをするが、何とか無難にこなして同僚宅に到着。そこには引っ越しを手伝う同じ会社の同僚が数名いて、皆一斉に荷物をトラックに運び入れた。ちなみにこの日手伝う連中も皆AT限定車ばかりだ。

『○○くんがいてくれて助かるよ』
そう皆に言われてちょっと嬉しかったが、なんでみんなAT限定にしたんだろうか?確かに今MTなんてトラックしかついてないし、必要性もないのだけれどやっぱりMT運転できる方がカッコいいのにと、これまでATしか運転していなかったにもかかわらず俺は思っていた。

荷物をトラックに積み込み新居のアパートに向け出発、トラックには僕と同僚が、後方から手伝ってくれた同僚の一人が車で追いかけることになっている。新居は小高い丘にある閑静な住宅街。上り坂を進んでいったときに前方の車が何台か立ち往生していたので坂の途中で一旦ストップした。ほどなく進んだので進もうとすると

『ガタッガタガタ』

エンストである。坂道をATに乗った感覚でスタートさせたのでエンストしても仕方がない。しかしここで思わぬ事態になってしまう。エンジンをかけクラッチをゆっくり足から離すがどうもうまくいかない。クラッチを離すのが早かったり遅すぎたりで何度もエンストしてしまう。

『大丈夫か?』

心配した同僚から声を掛けられるが、僕はすっかり頭がパニクっていた。やがて後方に車が何台か連なっていた。それで動揺した僕は汗が額から大量に垂れ、少し震えも起きていた。

『頼む、動いてくれ!』

俺の願いが叶ったのかようやく車は前進し無事新居に到着することができたが、僕はとんだ恥をかいてしまった。しかし皆ATしか乗れないのでそのことについては何も触れなかった。

MTなんて乗る機会がないけど、いつ乗る機会があるか分からない。今度はこんなことにならないように練習しとかなきゃなと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です