中性脂肪を取りたいとおっしゃるなら、断然重要になりますのが食事の仕方だと思います。どのような食物をどういう形で口にするのかによって、中性脂肪の量は予想以上にコントロールできると言えます。
EPAとDHAの両方ともに、中性脂肪であったりコレステロールを減少させるのに効果を発揮しますが、コレステロールに対しましてはDHAの方が、中性脂肪に対しましてはEPAの方が有効だということが分かっています。
ご存じないかもしれませんが、ビフィズス菌は加齢のせいでその数が減ってしまいます。しかも、いくら望ましい生活を実践し、きちんとした食事を摂っても、その思いなど関係なしに減少してしまうわけです。
コエンザイムQ10には「還元型」と「酸化型」というものがあり、身体の内部で機能するのは「還元型」だとされています。それがあるのでサプリを選定する折には、その点をきっちりとチェックすることが肝要です。
コエンザイムQ10につきましては、そもそも私達の体の中にある成分だというわけですから、安全性という面での信頼性もあり、調子がおかしくなる等の副作用もほとんどありません。

サプリメントを買いたい気持ちも理解できますが、その前に日頃の食生活を修正することも必要ではないでしょうか?サプリメントで栄養をちゃんと補給していれば、食事はどうでもいいなどと考えているとしたら大きな間違いです。
生活習慣病の元凶だと断言されているのが、タンパク質などとひっつき「リポタンパク質」と化して血液中に溶け込んでいるコレステロールです。
コエンザイムQ10というものは、細胞を構成する成分のひとつであり、身体にとりましては、絶対に必要な成分だとされています。従いまして、美容面とか健康面で数々の効果が認められているのです。
グルコサミンというのは、軟骨を生成する時の原料となる他、軟骨の蘇生を促進して軟骨の恢復を早めたり、炎症を鎮静化するのに効果的であると公表されています。
家族の中に、生活習慣病を発症している人がいるというような方は、注意をしてほしいと思います。同居人というのは、生活習慣があまり変わらないでしょうから、同じ系統の病気に罹患することが多いとされています。

全ての人の健康維持・管理に必須とされる必須脂肪酸であるDHAとEPA。これら2種類の成分を大量に含む青魚を常日頃から食べていただきたいのですが、食の欧米化が災いして、魚を食べる機会が少しずつ減少してきているというのが実態です。
そんなに家計に響かず、それなのに健康に寄与すると評されているサプリメントは、男性・女性関係なく色んな方にとりまして、頼もしい味方であると言えるのかもしれないですね。
コンドロイチンと称されているのは、関節の動きを円滑にしてくれる軟骨に含まれる成分です。関節部分の骨端同士のぶつかり防止であったり衝撃を軽くするなどの重要な役目を担っていると言えます。
皆さんがインターネットなどを利用してサプリメントをチョイスしようとする時点で、基本的な知識を持ち合わせていない状態だとしたら、第三者の書き込みとか専門誌などの情報を妄信する形で決定することになるはずです。
コンドロイチンというのは、ギリシア語の「軟骨」という意味であり、柔軟さであるとか水分を保持する働きをし、全身の関節が滑らかに動くことを可能にしてくれているのです。

各人がいずれかのサプリメントをチョイスしようとする際に、全く知識がないとしたら、ネット上の評価とか雑誌などの情報を鵜呑みにして決めるしかないのです。
コエンザイムQ10は、本当のところ医薬品の中のひとつとして提供されていたくらい有用な成分でありまして、そういう背景からサプリ等でも配合されるようになったのです。
プロ選手ではない人には、およそ要されなかったサプリメントも、今となっては一般の人にも、適切に栄養素を摂り込むことの必要性が周知され、人気の方もうなぎ登りです。
フットワークの良い動きというものは、骨と骨との繋ぎ目にある軟骨がクッションの役割を担ってくれることで実現できるものなのです。しかしながら、この軟骨を構成しているグルコサミンは、年を重ねれば重ねるほど減ってしまうものなのです。
中性脂肪とは、人間の体の中に存在する脂肪分の一種です。生命活動の為に身体の中で作り出されたエネルギーの内、不要になったものが皮下脂肪となって蓄えられることになるのですが、それらのほぼすべてが中性脂肪なのです。

コンドロイチンとグルコサミンは、両者とも生まれながらにして身体内部に存在している成分で、殊に関節を楽に動かすためには非常に大切な成分なのです。
「EPA」と「DHA」と言われている物質は、魚の脂肪に存在する不飽和脂肪酸の一種だとされています。不足状態に陥ると、情報伝達機能が影響を受けて、その為にボケっとするとかウッカリといった状態が齎されてしまいます。
ご存知かと思いますが、ビフィズス菌は高齢になればなるほどその数が少なくなります。これに関しましては、いくら規則的な生活を送り、しっかりした内容の食事を食べても、100パーセント少なくなってしまうのです。
セサミンには血糖値を改善する効果とか、肝機能をUPさせる効果などが期待でき、健康機能食品に含まれている栄養として、近年高評価を得ていると聞いています。
コンドロイチンは、我々人間の皮膚であるとか角膜などを構成する一成分でもあるとされていますが、とりわけ多量に含有されているのが軟骨だとのことです。軟骨を作っている成分の3割以上がコンドロイチンだと指摘されています。

コンドロイチンというものは、関節の動きを円滑化するために必要な軟骨に含有されている成分です。関節部分の骨端同士のぶつかり防止や衝撃を軽くするなどの大切な働きをしてくれる成分です。
コエンザイムQ10というものは、全身の諸々の場所で細胞機能の劣悪化を阻止したり、細胞のダメージを修復するのに効果が期待できる成分ですが、食事で補充することは基本的に無理だと聞きます。
セサミンには肝臓で生じる活性酸素を消し去り、肝細胞の働きを強くする作用があるとされています。この他、セサミンは消化器官を経由する間に分解されることもなく、しっかりと肝臓に達することが可能な稀に見る成分だと言えるでしょう。
DHAとEPAは、いずれも青魚に大量に含有されるオメガ3系の脂肪酸です。血液の流れを良化したり、脳の働きを進展させる効果があると言われていて、安全性が極めて高い成分なのです。
マルチビタミンと申しますのは、何種類かのビタミンを配合したサプリメントなのです。ビタミンと呼ばれるものは複数を、配分を考えてまとめて摂ると、更に効果が上がるそうです。

生活習慣病を回避するためには、正常な生活を継続し、適切な運動を日々行うことが求められます。お酒とかたばこなんかも止めた方が良いのは勿論ですね。
マルチビタミンは勿論、他にサプリメントも飲んでいるとしたら、両者の栄養素すべての含有量を確かめて、度を越して飲むことがないように気を付けましょう。
コレステロールを減少させるには、食事を改善したりサプリを有効活用するなどの方法があるとのことですが、実際にそれほど手間なくコレステロールを減らすには、どんな方法があるのかご存知ですか?
グルコサミンに関しましては、軟骨を形成するための原料になるのは言うまでもなく、軟骨のターンオーバーを円滑化させて軟骨の修復を確実にしたり、炎症を軽減するのに効果を発揮することが実証されています。
セサミンに関しては、健康のみならず美容の方にも役立つ成分で、この成分を食べ物から摂るというなら、ゴマを食べるべきでしょう。セサミンが特にたくさん含有されているのがゴマだからという理由です。

中性脂肪と呼ばれるものは、身体内にある脂肪の一種とされています。生命活動の為に体の中で作られたエネルギーの内、余ったものが皮下脂肪となって蓄えられるのですが、その凡そが中性脂肪だと言えます。
ビフィズス菌を増加させることで、思いの外早い時期に現れる効果は便秘解消ですが、どう頑張っても年を取ればビフィズス菌の数は減少しますから、継続的に補うことが欠かせません。
「便秘のせいで肌があれている!」などと言う人も多いようですが、こういった状態は悪玉菌が原因に違いありません。だから、悪玉菌の働きを弱めるビフィズス菌を摂るようにすれば、肌荒れも必然的に治るでしょう。
以前より体に有用な素材として、食事の時に食べられてきたゴマなのですが、今日そのゴマに含まれているセサミンが注目の的となっているようです。
優秀な効果を有しているサプリメントだとしましても、闇雲に飲むとか所定のお薬と並行して飲用しますと、副作用でひどい目にあう危険性があります。

オメガ3脂肪酸と呼ばれているのは、健康に有用な油の一種だと言われており、悪玉コレステロール値を低下させたり中性脂肪を減少させる役目をするということで、すごく脚光を浴びている成分です。
本来は体を正常に保つ為に欠かせないものだとされているのですが、思いのままに食べ物をお腹に入れることができるという今の時代は、当然のように中性脂肪がストックされてしまうのです。
私達人間は身体内でコレステロールを生み出しているのです。コレステロールは、細胞膜を作っている成分の一つで、人の体になくてはならない化学物質を生成するという段階で、原材料としても用いられます。
身体内の血管壁にひっついているコレステロールを肝臓に届けるという働きをするHDL(善玉)と、肝臓にストックされている状態のコレステロールを体内の至る所にばら撒く役目を担うLDL(悪玉)があるわけです。
日本国内におきましては、平成8年からサプリメントが市場に並べられるようになったのです。根本的には健康補助食品の一種、または同じものとして規定されています。

今までの食事からは摂れない栄養分を補うのが、サプリメントの役目ではありますが、もっと率先して活用することで、健康増進を目標にすることもできるのです。
様々なところで頻繁に耳にすることがある「コレステロール」は、二十歳過ぎの男女なら誰であろうとも気にされるワードだと思われます。稀に命が危険にさらされることも想定されますので、常日頃より注意しておく必要があります。
マルチビタミンと称されているものは、何種類かのビタミンを含有させたサプリメントなのです。ビタミンと申しますのは複数のものを、適度なバランスで一緒に身体に摂り込みますと、更に効果が期待できるとのことです。
「細胞の衰えであるとか身体の機能が衰えるなどの一番の原因」と発表されているのが活性酸素なのですが、セサミンにはこの活性酸素によって生じる害を抑制する働きがあることが分かっているのだそうです。
マルチビタミンばかりか、別途サプリメントも服用しているなら、全栄養素の含有量を調べて、過剰に摂取しないように気を付けてください。

グルコサミンは、摩耗した関節軟骨を元通りにするのは勿論の事、骨を作り上げている軟骨芽細胞そのものの機能を活性化させて、軟骨を強靭にする作用もあると言われています。
同居している親や兄弟に、生活習慣病で通院している人がいるような人は要注意です。寝食を共にしている家族というのは、生活習慣がほとんど一緒ですので、同一の疾病に罹ることが多いと言われます。
中性脂肪を減らす為には、食事内容を改善することが重要ですが、同時進行で継続できる運動を行なうと、一層効果が得られるでしょう。
マルチビタミンには、全ての種類のビタミンが含まれているものとか、3~4種類だけ含まれているものなどが存在しており、それぞれに盛り込まれているビタミンの量も異なっているのが通例です。
コエンザイムQ10は、元を正せば医薬品のひとつとして用いられていたほど信頼性の高い成分であり、そういった理由から栄養剤等でも配合されるようになったのだそうです。

コエンザイムQ10につきましては、元々は私たちの身体の中に備わっている成分なので、安全性には問題がなく、身体が異常を来すみたいな副作用もめったにありません。
コンドロイチンと呼ばれているのは、関節の動きをスムーズにしてくれる軟骨の成分のことです。関節部分の骨同士の衝突防止であったり衝撃を抑えるなどの貴重な働きをしてくれる成分です。
セサミンには、身体内で発生する有害物質または活性酸素を取り除き、酸化を予防する働きがあるので、生活習慣病などの予防であるとか老化予防などにも実効性があります。
マルチビタミンのサプリメントを有効利用すれば、普段の食事では満足に摂ることができないミネラルとかビタミンを補うことも楽々可能です。身体全体の組織機能をレベルアップし、心の安定を保つ効果が望めます。
ビフィズス菌に関しましては、かなり強い殺菌力を有する酢酸を生成するということが出来ます。この酢酸が、悪玉菌の数が増大するのを食い止めるために腸内環境を酸性化して、正常な腸を維持する役目を果たしてくれているわけです。

コンドロイチンとグルコサミンは、共に生誕時から身体の中に備わっている成分で、何と言いましても関節を軽快に動かすためにはなくてはならない成分だと言われています。
セサミンには肝臓で発生してしまう活性酸素を除去し、肝細胞の働きを強くする作用があると聞きます。しかも、セサミンは消化器官を通過しても消え失せてしまう心配も要されず、完璧に肝臓まで届くレアな成分だとも言われています。
コンドロイチンは、私達人間の皮膚であったり角膜などを構成している成分の一種でもあるとされていますが、殊に豊富に内在するのが軟骨だそうです。軟骨を作っている成分の3分の1超がコンドロイチンで占められています。
コンドロイチンと申しますのは、ギリシア語の「軟骨」からきておりまして、弾力性であったり水分をキープする役目を担い、全身の関節が問題なく動くことを可能にしてくれるのです。
いろんなビタミンを混入させたものをマルチビタミンと称します。ビタミンと言いますのは、様々な種類を適正なバランスで補充したほうが、相乗効果が出るとされています。

コンドロイチンと言われているのは、関節の機能性を維持するために必要な軟骨に含有されている成分です。関節部分の骨頭と骨頭のぶつかり防止であったりショックを軽減するなどの欠かせない役割を担っているのです。
マルチビタミンと申しますのは、色んなビタミンを詰め込んだサプリメントなのです。ビタミンと言いますのは幾つかのものを、配分バランスを考えてセットのようにして体内に取り入れますと、より実効性があるとされます。
1つの錠剤にビタミンを2種類以上含めたものをマルチビタミンと称していますが、各種のビタミンを手軽に補うことができると高い評価を得ています。
ビフィズス菌が腸内に生息している悪玉菌の活動を抑止することにより、身体全ての免疫力をパワーアップさせることができ、それにより花粉症に象徴されるアレルギーを軽減することも望むことが出来ます。
グルコサミンは軟骨を再生させ、老化のスピードを遅くするように機能してくれますが、こちらのコンドロイチンは、軟骨の保水力または柔軟性を高める効果があるとされているのです。

食事内容を良化したり運動を取り入れることで、ビフィズス菌を増やすことが一番有効ですが、どうにもライフスタイルを変更することが出来ないと言われる方には、ビフィズス菌が含まれているサプリメントを一押ししたいと思います。
「中性脂肪を少なくしてくれるサプリメントなど存在するのでしょうか?」などと疑いを持っている人がいるのも当然だと思うのですが、思い掛けないことに医療関係施設におきましても研究が進められている状況で、実効性が明らかにされているものもあるらしいのです。
DHAという物質は、記憶力を向上させたり心の平穏を保たせるなど、学習能力もしくは心理面に関わる働きをするのです。それから動体視力向上にも寄与してくれます。
スムーズに歩行するためには無くてはならない成分であるグルコサミンは、最初は人の身体内部に必要以上に存在するのですが、年齢を重ねれば少なくなりますので、サプリなどを介して前向きに補うことが不可欠です。
脂肪細胞の中に、消費できなかったエネルギーが溜め込まれたものが中性脂肪と呼ばれているもので、酸性とアルカリ性の相反する性質を兼ね備えているとのことで、こういった名称が付けられたと教えられました。

長い年月において為された劣悪な生活習慣の為に、生活習慣病は発症します。そんな訳で、生活習慣を正すことで、発症を回避することも期待できる病気だと考えていいわけです。
生活習慣病に罹った当初は、痛みといった症状が出ないのが一般的で、長い期間を費やして段階的に酷くなっていきますので、異常に気が付いた時には「打つ手がない!」ということがほとんどだとも聞きます。
ビフィズス菌を増やすことで、直接的に見られる効果は便秘解消ですが、残念ながら高齢になればなるほどビフィズス菌の数は減りますから、定常的に補填することが重要です。
日本国内では、平成8年からサプリメントの販売が可能になったとのことです。基本的にはヘルスフードの一種、あるいは同じものとして認知されています。
コンドロイチンは、私達人間の角膜であったり皮膚などを構成している成分の一種でもありますが、特に多く内包されているのが軟骨だとされています。私達人間の軟骨の3分の1超がコンドロイチンだと発表されています。

セサミンというのは、ゴマから摂取できる栄養分の一種でして、あの2~3ミリしかないゴマ一粒に1%程度しか含有されていない抗酸化物質である「ゴマリグナン」の中に存在している成分の一種というわけです。
セサミンというものは、美容面と健康面のいずれにも有用な成分で、この成分を食事で確保したいなら、ゴマを食べるべきでしょう。セサミンが一番たくさん含有されているのがゴマだからです。
今の世の中はプレッシャーも多々あり、そのせいで活性酸素も多量に発生することになって、細胞そのものが錆び付きやすい状態になっていると考えられます。これを防いでくれますのがコエンザイムQ10という素材です。
セサミンというものは、ゴマに含まれている栄養素の一部なのですが、1粒の中にほんの1%未満しかないので、想定している効果を得たいという場合は、ゴマを食べるだけでは無理があります。
DHAとEPAは、双方共に青魚にいっぱい含有されるオメガ3系の脂肪酸です。血液の流れを良化したり、脳の働きを進展させる効果があると発表されており、安全性が極めて高い成分なのです。

「EPA」と「DHA」と言いますのは、魚の脂肪に内包されている不飽和脂肪酸だとされています。足りなくなると、情報伝達に支障を来し、これが原因でボサッとしたりとかうっかりといったことが多くなります。
生活習慣病というのは、毎日の生活習慣が誘因となっているとされ、一般的に言って40歳になるかならないかという頃から症状が出る確率が高まると言われる病気の総称です。
機能的には医薬品みたいに思えるサプリメントですが、我が国においては食品に入ります。そういう理由があるので、医薬品のように様々な制約もなく、誰でも作ったり売ったりすることができるというわけです。
中性脂肪というのは、人間の体の中にある脂肪の一種になります。生命活動の為に体の中で作られたエネルギーの内、使われることがなかったものが皮下脂肪という形で蓄えられることになるのですが、それの大半が中性脂肪だそうです。
全ての人の健康維持・管理に欠くことができない必須脂肪酸に指定されているEPAとDHA。この2つの成分を豊かに含有する青魚を毎日食べるのがベストですが、肉類を中心とした食生活になってきたために、魚を口にする機会がますます減ってきているのです。

グッドドクター 見逃し 配信

免許を取ったら父が車をやるというので喜び勇んで取りにいったところ、恐ろしいことが発覚、なんとその車はMT車だったのです。
実はその車、買ったものではなく、近所に住んでいた親戚からもらったもの。
親戚が新しい車を買いなおす際に処分するからということで父が貰い受けたものでした。
きっと僕が前から車が欲しいと言っていたので丁度いいと思ったのでしょう。
中古車でも結構な値段がしますからね。
うーん、それにしてもMT車かあ。
まあ、男ならMT車だろと父も言っていましたし、周りもMTで免許を取っていたのでなんとかなるだろうくらいの気持ちで免許講習を受けました。
実際、半クラや坂道発進で苦労したものの特に行き詰まることもなく免許は取れ、何だ、MTって簡単じゃないか。
確かにATと比べて操作は難しいけどなれればそんなに変わらないだろうと思ったのでした。
ところが。
いざもらった車で走ってみると教習車とは大違い。
気まぐれな猫みたいにギアは入らないし、何が不満なのかすぐにエンストするし、前触れもなく変な音はするし、もう信号待ちするだけでもヒヤヒヤです。
後ろからは無言のプレッシャーを感じ、歩行者からは変な目で見られ、何も無いところで冷や汗をかきっぱなしです。
この車を捨てて新しい車を買ってくれと何度頼もうと思ったことか。
ですが長く乗っていれば愛着もわくというもの。
次第にコツをつかみ、ああ、こういうところでこの車は機嫌が悪くなるんだな、ということも分かってきました。
今ではこの車は出来の悪い弟のような気がしてきました。
車をくれた親戚が言っていた慣れるまで大変だろうが、慣れたら面白くなってくるよという言葉も分かってきたように思います。

先日父を乗せて買い物に行ったときのこと。
路上でエンストさせた僕を見て『なあ、やっぱりAT車を買ってやろうか?』と心配そうでしたが、この車を手放すなんてとんでもない。
ようやく面白くなってきたところだと父に言ったら『そっか』と怪訝そうな表情をしていました。
きっとこの感覚はこの車を運転している僕にしかわからないことなのでしょう。
今度、友達と海に遊びに行きます。
僕も車を持っていることを伝えると、じゃあ、グループを二つに分けようかという話になりました。
いや、さすがに遠乗りはちょっと自信がないのだけど。
でも夏までにはまだ時間があるし、その頃には運転も上達しているだろうから大丈夫返事をしてしまいました。
MTに乗っていることは友人にも話してあるので多分僕の運転は上手いと思っていることでしょう。
・・・・うん、頑張って練習しよう。
気難しい僕の愛車ですが、最近少しづつ心を開いてきてくれたように感じます。
もちろんその気難しさに嫌になることもありますが、おおむね運転を楽しんでいます。

 

そうそう、エミューの雫の魅力を凄くわかりやすく書いているサイトを見つけました^^

エミューの雫について凄く熱く語られているこちらのサイトです♪

小回りの効くコンパクトカーのフィットは運転しやすいですし、MTの練習にはピッタリかも・・・

ゼロファクター 2ch

夫の転勤で交通の便の悪いところに引っ越して来ました。
私の実家ほどは田舎ではありませんが、それでも車が無ければやっていけないところです。
今までは電車もバスも不便がありませんでしたし、何より生活圏内(スーパー、子供の幼稚園、パート先等)はほとんど自転車で回ることができたのです。
それが急に、バスも電車もイマイチで自転車だと遠すぎると言うこの環境。
私もついに車を運転しなければいけない日が来たと覚悟しました。
しかし、今の我が家に車を二台所有すると言うのはかなり経済的にハードルが高い世界です。
それで実家から少しお金を借りて車を買うしかないかと思い、実家の母に電話をしました。
すると田舎のおばちゃんらしく、うちの母が「親戚の○○おばさんが車買い換えるって言ってたよ。安く譲ってくれないか聞いてみようか?」と言ってくれたのです。
そうしたら2日後に本当に電話がかかってきて、車検が切れる車だから、自分で車検を通すのだったら、その車をただで譲ってくれると言うのです。
それで感謝してその話を受けることにしました。
それで車の名義変更と車検をしてくれる業者を探して、手続きを進め、自分の資力の範囲で車をゲットすることが出来たのです。
しかしただより怖いものは無いのがこの世の常。
田舎の親戚のおばさんからもらった車はなんと4ナンバーの(軽貨物)マニュアル車でした。
おばさんは農作業にも使っていたんですね。そんな車を頂いたわけです。
もともと免許は持っていましたがしばらくペーパードライバー私。
なおかつ、夫の車はたまに乗ることはありましたがオートマです。
そんな私がいきなりマニュアルに乗るって、ハードルが高くないですか?
あまりの恐ろしさに、最初は夫に運転をしてもらいました。
その夫がエンスト連発です。
その姿にますます怖くなる私。
一緒に大きなアウトレットの駐車場に行って、そこの店舗から一番離れたところで練習をしました。
記憶のはるかかなた。
教習所に通っていたときの記憶を思い出します。
何よりも怖いのは半クラッチです。
どうしてこんな仕組みが世の中にあるのかと思うほど、教習のときにも半クラッチが難しかったのを思い出しました。
私はマニュアル専用の免許に変更しようと思うほど、半クラッチと相性が悪かったのです。
でも教習官に相談したら、長い人生の中でもしかしたらマニュアルに乗る機会も訪れるかもしれない。何かの究極の状況で、車がマニュアルしかないときが来るかもしれない。
そんな時、オートマ専用とマニュアルも乗れる免許とは大きな違いが出てくると説得されて、マニュアルの免許を取ったのです。
あの時説得してくれた教官に心から感謝です。
今まさにそのときが来たーと言う感じでした。
運転席に座り、アクセルを少し吹かしながら、左足を踏み込みニュートラルから一気にギアを左にそして前に!
ローに入れるだけで、こんなにも多くの作業を同時にしなければいけないのです。
次、ローに入ったら今度は恐怖の半クラッチです。
クラッチを戻しながらアクセルを踏み込む。
程よい加減のところで車は前進を始めます。この感覚を覚えなければいけません。
最初はその感覚をつかめず、アクセル踏みすぎでブォンと進み、クラッチをはずすのが早過ぎてガックンとなります。
夫の胸にシートベルトが食い込み、鬼教官のように「アクセル強い!つなぎが早い!」と怒られました。
その声にびっくりして急ブレーキと同時にエンストです。
もう、これは運転と言うレベルではありません。
そんなやり取りをしばらく繰り返して、ようやく直進を走ることが出来るようになりました。
その後も忘れないように、夫と毎日少しずつ夜に家の近所の車どおりの少ない公道で練習をしました。
2週間ほどで、一人でも運転が出来るようになったは練習の賜物だと思います。
でも、狭い小路から広くて二車線の道路に出るとき、わずかな隙間でサッと合流し、直ぐにスピードに乗らなければいけません。
つまり立て続けにギアチェンジをしなければいけないのです。
そんなときが一番大変です。
「車切れた。右オッケー。ギアローに入れて発進!次セカンド!サード!次トップ!と一人できちんと掛け声をかけないと、オートマの感覚で低いギアのままスピードを出してしまうと車が壊れてしまうかもしれないからです。
でも、まだまだギアのつなぎは上手になれなくて、隣の車線をを走っている車が、どうしてこの車はこんなにぎこちない動きをするのだろうと、見ていきます。
きっとマニュアル車を知らない人なのでしょう。
信号が青になった瞬間の発進で、エンストをしたときには、2車線だと隣の車線の車から見られます。
エコのアイドリングストップじゃなくて本当のエンストを見たことがない世代、マニュアル車を知らない人だろうな~と思います。
そんな中で、ペーパードライバーを脱却してマニュアル車に乗っている私は、なんだか人よりすごい運転をしているような気分で、へたくそで緊張もしますが、普通じゃないのがちょっと楽しい毎日を過ごしているのでした。

先日、会社の仲の良い同僚からお願いがあると電話がきた。

『○○(私の名前)、あのさぁ今度俺引っ越しするんだけどお前、マニュアル車運転できるよな?』
『うん』
『お願いなんだけどさぁ今度引っ越しドライバーとして手伝ってくれないか、2tトラックがあれば一回で荷物を運べるんだよ、でもレンタカーで聞いたらトラックはマニュアル車だけなんだよね。だからマニュアル車運転できる奴が必要なんだよ。俺はAT限定なんで頼めるのお前しかいないんだよ、ねっ、頼むよ、報酬はずむからさ』

そう言われて頼りにされるのは嬉しいのだが、俺だってこれまでずっとAT車しか運転したことないし、MT車を運転していたのは教習所で乗って以来ないのだ。それに2tトラックなんて大きな車も運転したことないので車両の感覚がよく分からない。迷ったがお願いされて断るのも悪いし、それに報酬もはずむといっているのでいっちょやったるかとの思いで引き受けることにした。

そして引っ越し当日の朝、俺は引っ越しする同僚とレンタカーに出向いて、2t車を借りた。トラックは平積み式で天候が悪くなっても幌もついている。アルミ式だと後方が見えにくいのでこれは助かった。さっそくトラックに同僚と乗車した。

ブレーキとクラッチを同時に踏みこみながらエンジンをかけると勢いよくエンジンが回転する、とりあえずホッとしてゆっくり駐車場からトラックを出し公道を走らせた。

走行中、ギアのシフトチェンジをするが、何とか無難にこなして同僚宅に到着。そこには引っ越しを手伝う同じ会社の同僚が数名いて、皆一斉に荷物をトラックに運び入れた。ちなみにこの日手伝う連中も皆AT限定車ばかりだ。

『○○くんがいてくれて助かるよ』
そう皆に言われてちょっと嬉しかったが、なんでみんなAT限定にしたんだろうか?確かに今MTなんてトラックしかついてないし、必要性もないのだけれどやっぱりMT運転できる方がカッコいいのにと、これまでATしか運転していなかったにもかかわらず俺は思っていた。

荷物をトラックに積み込み新居のアパートに向け出発、トラックには僕と同僚が、後方から手伝ってくれた同僚の一人が車で追いかけることになっている。新居は小高い丘にある閑静な住宅街。上り坂を進んでいったときに前方の車が何台か立ち往生していたので坂の途中で一旦ストップした。ほどなく進んだので進もうとすると

『ガタッガタガタ』

エンストである。坂道をATに乗った感覚でスタートさせたのでエンストしても仕方がない。しかしここで思わぬ事態になってしまう。エンジンをかけクラッチをゆっくり足から離すがどうもうまくいかない。クラッチを離すのが早かったり遅すぎたりで何度もエンストしてしまう。

『大丈夫か?』

心配した同僚から声を掛けられるが、僕はすっかり頭がパニクっていた。やがて後方に車が何台か連なっていた。それで動揺した僕は汗が額から大量に垂れ、少し震えも起きていた。

『頼む、動いてくれ!』

俺の願いが叶ったのかようやく車は前進し無事新居に到着することができたが、僕はとんだ恥をかいてしまった。しかし皆ATしか乗れないのでそのことについては何も触れなかった。

MTなんて乗る機会がないけど、いつ乗る機会があるか分からない。今度はこんなことにならないように練習しとかなきゃなと思った。

僕は現在、中古で購入したMT車に乗っています。
特に車に強いこだわりがある訳でもないのに、なぜかMT車に乗っています。
軽トラやワゴン車など、仕事でMT車に乗る必要がある訳でもありません。
それなのに、僕は現在どうしてマニュアルドライバーになってしまったのでしょうか。

それは、僕が典型的なNOと言えない日本人だからです。

僕は、およそ4年前の大学入学前に自動車免許を取りました。
もちろん高校卒業したばかりの僕にはお金が無いので、自動車学校代は親に出してもらいました。
多分、その年代で自動車免許を取ろうとする人は、ほとんどがそうだと思います。

しかし、我が家の両親はちょっと変わっていて、「男たるものMTの免許を持っていなければいけない!MTでなければお金は払わない!」という条件付きでの免許取得でした。
僕自身としては、特に車に興味がある訳でもないので、安くて簡単なATを希望していたのですが、それは親のその一言により、あえなく却下という形になりました。

免許取得後も、この話をネタのように同級生や先輩に話していたら、大学4年の終わり頃に、すでに卒業をしたサークルの先輩から、「新車を買うから、今まで使っていたMT車を安く誰かに譲りたいと思っているけど、どうだ?」という話を貰いました。

僕としては、就職も決まり、通勤用に自分の車が欲しいと思っていたところなので、とてもありがたい話だったのですが、如何せんMTは免許を持っているだけで、乗りたいと思ったことがありません。
できればAT車が欲しいと思っています。

でも、中古車でさえ買うお金はありませんし、あの両親に援助をお願いしても「職場へはバスでも通える。自分で買えないのなら、車なんていらない」というお言葉をいただいたばかりでした。

いくらで譲ってくれるのかと聞くと、乗っている年数にしては破格で、車検が1年残っているのに10万円でいいというのです。
その値段なら何とかなると思いました。
それに、先輩からのせっかくのお話を、断るなんて気の弱い僕にはできませんでした。
なので、その破格の安さと断れない性格から、そのMT車を譲り受けることに決めました。

ただ、いざMT車に乗るようになると、問題は山積みです。
そもそも、教習所依頼約4年、MT車には乗った事が無いのに、そんなにすんなり自由自在に操れるわけがありません。
そのため、大学4年の最後の方は、MT車を乗りこなす練習の日々でした。

でも、元々車の運転は好きなわけではありませんし、MTの操作が面倒なのも相まって中々上達しません。
そんなこんなしている間に、卒業、就職を迎え、今に至ります。

現在は普通の道なら何とか運転できるようにはなりましたが、会社までの道のりの間にある、橋や坂の上りの途中で停止したらどうしようなどという心配は尽きません。

しばらくはこの車に乗りますが、もう少しお金を溜めたらAT車を購入しようと本気で思っています。

とりあえず、優秀なマニュアルドライバーへの道のりはまだまだ遠そうです。